フラット35金利のメリットとは?

フラット35は保証料無料、繰り上げ返済手数料が無料、更には史上最低水準金利など、住宅ローン希望者には絶好のチャンスが到来したと言えます。
そんな良いことづくめのフラット35なのですが、デメリットをあげれば「団体信用生命保険(以下、団信)」が特約扱いなことです。
団信は、借り主が返済途中で死亡もしくは高度障害になったときに保険会社が支払いを代行してくれるので、残された家族に返済義務が及ばないという保険です。
通常の住宅ローンは、この団信は無料(金利に加算されている場合もあり)なので借り主は負担を感じませんが、フラット35の場合は借入額1000万円につき35.
800円、三大疾病付機構団信は1000万円の借入につき54.
800円が1年に一度請求されます。
これでは、3000万円も借入れしていると、団信保険料のためにローンを組みたくなりますね。
フラット35金利一覧!2017年4月の最安金利は?【銀行比較】