FXの税金は雑収入がなく20万円までなら申告しなくていい?

FXの税金についてですが、これは雑収入という収入になります。
そして、雑収入は20万円までは申告の義務がありません。
つまり、他の雑収入がなければ20万円までなら何もしなくて良いのです。
また他の所得が一切ない場合には、36万円までなら基礎控除の枠があります。
ですから主婦をしながらFXをしているという人の場合には、他に収入がなければ36万円までなら税金はかからないという事になります。
ところで、損益通算についてなのですが、複数の口座を開設しているときには少し複雑です。
ある口座で100万円稼いで、別の口座で100万円負けた場合には、税金はどうなるのでしょうか。
損益通算できればプラスマイナスゼロですが、そうでなければ100万円に対して課税される事になるのです。
ここで注意しておきたい事は、店頭取引どうしでは損益通算でき、取引所取引同士では損益通算できないという事です。
具体例を挙げます。
松井証券では店頭取引のNetFXと取引所取引の大証FXとの口座を開設できます。
SBI証券では店頭取引のSBIFXαと取引所取引であるくりっく365の口座を開設できます。
もしもNetFXで100万円稼いで、SBIFXαで100万円負けたのなら、損益通算が出来て、プラスマイナスゼロとなるのです。
しかし、NetFXで100万円稼いで、くりっく365で100万円負けたとすれば損益通算は出来ず、NetFXで稼いだ100万円に対して課税されます。
さらに、NetFXで100万円稼いで、大証FXで100万円負けた場合、どちらも松井証券の口座であるにもかかわらず損益通算はできないのです。