ネット証券手数料比較する方法は?

ネット証券の手数料を比較してみました。野村證券は、野村グループが運営するネット証券です。「本店・支店」と「野村ネット&コール」、2つの取引窓口があります。野村ネット&コールの方が、手数料が安くすみます。さらに、3つ以上の契約のお申し込みで「野村のエコ割」が適用になり、国内株式の注文にかかる売買手数料が50%割り引かれます。

野村の取引ツールには、利用率No.1の銘柄管理ツール「ウォッチリスト」、ウォッチリストと連携して使える「ノムラ・スマート」、スマホ向けの「野村株アプリ」などを用意しています。野村證券はカスタマーサポートが丁寧で、取引方法からトレーディングツールの使い方まで、質問に対してわかりやすく説明してもらえます。シニアの方も安心してお取引できると思います。

大和ネクスト銀行は大和証券グループ本社の出資によって誕生したネット銀行です。金融庁によって新たな形態の銀行という分類がなされています。SBIグループの住信SBIネット銀行も大和ネクスト銀行と同様のインターネット専業銀行です。大和ネクスト銀行の利点の1つに他行宛ての振込手数料が月3回まで無料な点があります。

住信SBIネット銀行も他行宛ての振込手数料が月3回まで無料です。大和ネクスト銀行とSBIグループのインターネット専業銀行のサービスには近いものが複数あります。例えば、大和ネクスト銀行の資金お取り寄せサービスとSBIグループのインターネット専業銀行の定額自動入金サービスもその1つです。

インターネット専業銀行は2000年代から徐々に誕生して今日に至っています。インターネット専業銀行はとても便利なので、是非とも積極的に活用してください。インターネット専業銀行は店舗を有していないので、自前のATMは特に用意されていません。

ネット証券手数料比較!一覧とおすすめ評判【口コミ】