ミックスローンのデメリットとは?

ミックスローンのデメリットとして考えられるのは、諸経費が少し上乗せになることです。
これは、2本のローンとして取扱いされるので金銭消費貸借契約を2通交わさなくてはいけない場合が多いので、契約書に貼る収入印紙代や抵当権を2本設定する抵当権設定登記の費用が必要だからです。
ミックスローンのデメリットとしてもう一つ考えられるのは、金利が上昇した場合のリスクを甘く見すぎてしまう恐れがあることです。
余程期間選択型固定金利や変動金利の割合を下げない限り金利上昇リスクは存在します。
金利が上がった場合を想定して試算をしてからミックスローンを選択した方が良いでしょう。
また、あまり慎重になりすぎて長期固定金利部分を多くするようなら、全期間固定金利を選んだ方が賢明です。