夜行バスを格安で予約するなら

料金が格安な夜行バスはシートが狭いなど、辛い部分もありますが、少しでも快適に過ごせるようなポイントを紹介します。
まず、座席は通路側を選びましょう。
窓際は寒いのと、カーテンをしていても対向車やトンネルのライトが気になります。
スリッパを持ち込みましょう。
アイマスクと耳栓は非常に役に立ちます。
高速バスのエンジン音、トンネルに入った時の音等は耳栓で相当防げます。
ペットボトルの飲料、できれば水を持ち込みましょう。
季節にかかわらず車内は乾燥しています。
夏場は薄手の長袖を持ち込むと、エアコンの効きすぎで寒い時に重宝します。
冬場はエアコンが暑くなることが予想されますが、上着を毛布代わりに使用するため、特に薄着にする必要はありません。
格安バスの場合、貸出毛布が無い場合が殆どです。
空気式の首枕は隣の人に寄りかかるリスクも減らせますし、揺れるバスの中では首から上を安定できるので眠りの妨げにはなりません。
ウエットティッシュも携帯用の物を持っていれば、汗をかいた時などに重宝できます。
こうした小物類を持ち込むことで、夜行バスは少しでも快適に過ごせるようになります。
夜行バス格安予約方法は?最安料金を徹底比較!【車内の快適性はどう?】