住宅ローンは長年支払いをする物ですが?

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただそんなフラット35の審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

ソニー銀行住宅ローン審査窓口!基準厳しい?【今後の金利推移は?】