看護師の仕事について

看護師が病院や医療施設などで仕事をする時、配属先がとても重要な要素です。
例えば、同じ医療施設で仕事をするケースでも配属される科によって、大きく異なる仕事内容になります。
自分が志望していた配属先なら困難に直面することはありませんが、得意ではないと感じている配属先だと仕事をなかなか理解できないケースもあり得ます。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
勤め先の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。
近頃は人手不足や若者が減ったことによる来院者増加の影響で、以前に比べて、看護師の負担が大きいのです。
忙しいのをなくすために、人手が不足している病院にゆとりがある他の病院のナースを回して、負担を減らしたり、患者への対処が遅れないように心掛けています。